よくあるご質問
よくあるご質問
トップ
  • 新卒採用情報
  • 中途採用情報

よくあるご質問

『食間』 と指示のあるものは、いつ飲めば良いのですか?

『食間』 とは、食事をとってから約2時間が経過した時間を言います。食事と食事の間のことですので、食事中に服用するという意味ではありません。服用時間は薬の性質によって決められていますので、その指示通り服用することが大切です。

食 前 : 食事のおよそ30分前
食直前 : 食事のすぐ前
食直後 : 食事のすぐ後
食 後 : 食事のおよそ30分後
食 間 : 食事のおよそ2時間後
寝る前 : 床につくおよそ30分前

薬はどのくらい保存できますか?

一般的に市販薬で、使用期限や有効期限の記載がない場合には、しっかり栓をした上で、湿度の低い冷暗所に適切に保存してあれば、製造日からの3年間が使用可能期限の目安になります。しかし、製造後3年以内の場合でも、外見上なんらかの変化が認められる場合には、使用は避けた方が良いでしょう。ただし、医療機関から処方された医療用医薬品の場合の使用期限、有効期限は、この限りではありません。原則として、薬を飲む必要がなくなった時点で廃棄することをおすすめします。

調剤薬局で処方された薬を、市販の風邪薬と一緒に飲んでもかまいませんか?

処方されている薬によりますが、風邪で受診している場合、
同じような効果の成分が入っている場合がありますので、一緒に飲まない方が良いでしょう。

風邪で発熱時の坐薬を処方されたですが、使わなかったので次回使ってもいいですか?

インフルエンザなど病気によって使用できないお薬がありますし、小児の場合は体重により使用量が異なります。必ず医師または薬剤師にご相談の上、使用して下さい。その場合、有効期限内で保存も的確にされている (冷所) 事もご確認下さい。

粉薬をミルクに混ぜてもいいですか?

粉薬を嫌うあまりに、同時にミルク嫌いになってしまう可能性があります。
粉薬は少量の水で練って上あごに塗り付けてあげましょう。その後、ミルクを与えて下さい。

乳幼児でミルクしか飲んでいないのですが、『食後服用』 とはいつですか?

指示された時間帯 (朝 ・ 夕 ・ 朝昼夕など) に、食事とは関係なく服用させて下さい。
ただし、満腹時ではない方が良いでしょう。

子供に薬を飲ませたのですが、しばらくして、食べた物と一緒に吐いてしまいました。
もう一度薬を飲ませた方が良いでしょうか?

飲み薬の場合、30分くらいでは体に吸収されないことが多いので、もう一度飲ませても良いでしょう。しかし、気持ちが悪くて吐いてしまったのならば、再度吐く可能性があります。しばらく様子をみて、お子様が落ち着いてから飲ませた方が良いと思います。 『食後』 という指示がある薬でも、食後30分以内でないとダメというわけではありません。次に薬を飲む時までに、数時間の間隔をあければ特に問題はありません。

『薬の相互作用』 とは何ですか?

2種類以上の薬を同時に使用した場合、薬と薬がお互いに影響しあって、薬の効き目が変化し、単独で使用した場合には現れない副作用が発生することがあります。これを 『薬の相互作用』 といいます。
服用する薬の種類が多くなればなるほど、薬と薬の相互作用は起こりやすくなります。

グレープフルーツと飲み合わせの良くない薬があると聞いたのですが?

血圧を下げる薬のうちの 『カルシウム拮抗薬』 などの中には、グレープフルーツと同時に摂らない方が良い薬があります。グレープフルーツに含まれている成分が影響し、血液中の薬の濃度が高くなり、薬が効き過ぎてしまうからです。これはグレープフルーツの果肉だけではなく、グレープフルーツジュースの場合でも同じことが起こるので注意が必要です。

薬を扱う店なら、どこでも調剤してもらえますか?

くすり屋さんには、薬局と薬店があります。『保険薬局』 『保険調剤』 『処方せん受付』 などの表示のある薬局であれば、どこでも調剤してもらえます。薬店では、調剤できませんのでご注意下さい。かかりつけ薬局を作っておかれると便利でしょう。

処方せんには、有効期限はありますか?

処方せんは、交付日を含めて原則4日以内が有効です。また、有効期限を指定した処方せんは、その有効期限内なら、いつでも調剤できます。薬剤師が不在などの理由で調剤できない時は、責任を持って調剤ができる薬局をご紹介します。

処方せんを、代理の者が持って行っても調剤してもらえますか?

処方せんがあれば、ご本人でなくても大丈夫です。
ご家族の方などが処方せんをお持ちになっても、 調剤することは可能です。

薬局で車椅子などの介護用品を購入できると聞いたのですが、本当ですか?

はい、本当です。お問い合わせいただいた薬局各店、あるいはご希望の製品によっては、
お取り寄せとなる場合もあるかもしれませんが、是非一度お気軽にご相談下さい。

『お薬手帳』 って、何のために必要なのですか?

『お薬手帳』 は、患者様が今までに服用したり、使用した薬の名前や飲む量、そして過去に経験した副作用などを継続的に記録していく手帳です。その為、『お薬手帳』 に記録が残っていると、医師、歯科医師、薬剤師間の連絡が円滑に進みます。『お薬手帳』 は、かかりつけ薬局の薬剤師に相談すれば、簡単に手に入れることができます。使い方がよくわからない時には、お気軽にご相談下さい。