調剤薬局業務の流れ
コンセプト
トップ

調剤薬局業務の流れ

処方せん受付

患者様が来局されたら、はじめに受付カウンターにて処方せんとお薬手帳をお預かりします。病気になると誰しも不安な気持ちになるものです。患者様の気持ちを少しでも和らげるよう、心のこもった丁寧な対応を実践しています。

調剤薬局業務の流れ

処方せん入力・一次鑑査

患者様からお預かりした処方せんの記載内容を薬剤師が医薬品情報に則って確認します。同時にレセプトコンピューターに患者様情報を入力して保険情報などをチェックします。少しでも疑問点があれば疑義照会の実施を徹底し、調剤過誤の防止に努めています。

調剤薬局業務の流れ

薬剤調合・疑義照会

各薬局には1,000~2,000品目の薬剤が備蓄管理されており、医師からの処方せん内容に沿った薬剤を調合いたします。また患者様の服薬状況、健康状態により医師に相談や確認をした上で、錠剤などを粉砕し飲み易くなるように工夫をしたり、一包にパッケージすることなどでコンプライアンスの向上を図っています。

調剤薬局業務の流れ

最終鑑査

薬剤調合を終了した薬と処方せんの内容を照合し、患者様にお渡しする前に最終チェックを行います。調剤内容の監査だけではなく、薬袋の記載内容の確認、電子薬歴によるカウンセリング内容の再確認を実施し、投薬窓口でスムーズにお薬をお渡しできるように万全の準備を行います。

調剤薬局業務の流れ

薬剤お渡し・服薬カウンセリング・お会計

患者様のプライバシーに配慮しつつ、お渡しするお薬の効能効果、服用方法、保管方法をわかり易く、丁寧に説明します。患者様一人ひとりに対応した説明を行い、少しでも疑問点、不安感があるようなら解消していただき、納得して服薬していただけるようなオーダーメイドなカウンセリングを行います。お薬の内容を患者様ご自身にも確認していただき、お会計を行います。

調剤薬局業務の流れ

薬剤服用歴管理記録簿の記入・調剤済み処方せんチェック

患者様への投薬終了後、薬剤服用歴管理簿へ服薬状況、服薬中の体調の変化、他科受診の有無、併用薬の有無などを記入します。お薬との相互作用にも細心の注意を払い、食事、嗜好品の摂取状況、生活の習慣なども記録します。また調剤済処方せんを用い、調剤内容とレセプトコンピューターの入力を照合し、最終確認を行います。

調剤薬局業務の流れ